スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YUKIコーチが編集してくれました、Fontanaでの試走映像です‼

(^ ^)
↓↓↓↓↓↓

Fontana
スポンサーサイト

いろいろ写真

__+(5)_convert_20110331100655.jpg

___convert_20110331095828.jpg

__+(4)_convert_20110331095706.jpg

IMGP0954_convert_20110331100052.jpg

CIMG1333_convert_20110331101412.jpg
トレイルの入口にはまだ雪が・・・半そでハンパンでは寒かったです。。。

CIMG1330_convert_20110331101536.jpg

IMGP0965_convert_20110331101636.jpg



モアブのスリックロックは2年前の遠征で走ったので、スリックロックはほんの少しだけ
その後 YUKI
コーチの案内でモアブの中でも最高に楽しいトレイル走りました☆
初めは6時間コースって言われていましたが、飛ばして半分ぐらいのライドタイムになりました(笑

今日はデンバーでレンタカー返したり、いろいろでした


レースレポート

期日:3月26日 会場:USA: CA: Fontana
天候:晴れ時々曇り  距離:7.1km×5laps=35.5km
結果:XC 36位 (92人出走 完走63人)
Short track 32位 (52人出走 完走44人)
使用機材
SPECIALIZED 2011 S-Works Epic Carbon M size
Fサスエアー圧75PSI Rサスエアー圧140PSI
タイヤフロントSPECIALIZED S-WORKS FAST TRAK LK 2.0気圧
   リア SPECIALIZWD S-WORKS RENEGADE 2.0気圧
グローブ SPECIALIZED XC LITE
シューズ BG S-WORKS MTB Shoe
ヘルメット S-WORKS -Prevail

 今年で2回目となるFontanaのレース、ここのコースは日本とはまったく違う土質とコースレイアウト、今年は2回目と言う事もありコース試走も楽しく終えれた。

 スタート位置は一番後ろ、スタートの合図とワンテンポずらしてスタートした、この後ずぐに詰まる事を予想して。予想通りコースはライダーですぐにいっぱいになり、渋滞、フルブレーキと、レースなんだか何なのかいつもとは違うテンションでレースは進む。
 1周目に抜けるところで前に出ていくしかない、そんな事はスタートに並んだ時から分かっていたが、予想以上に抜ける場所が少ない、それは、自分のペースを上げれるパートに抜くスペースがなく、皆が速いパートに限って抜けるスペースがあったからだ、思うように前に出ていけない、そしてどんどん周回を重ねていく、残り1周の上りで思いっきりスパートをかけ、さっきまでいた集団を置き去りにする、そのまま裏の平坦区間で抜かれないように、必死で下りも攻めていると、焦りがでてしまい転倒、1人ライダーにパスされるも、次に来る上りで抜き返しさらにペースを上げ、前だけ見て進んだ。
 ゴールが近づくにつれ後ろを確認したいところだったが、前だけみて全開でペダルを漕ぐ、そしてやっとの思いで後ろから迫る集団を交わしゴールをくぐった。

 前半にペースを上げれなかった事が悔やまれる、そして自分と他のライダーとのスピードの乗る場所が違った、ここは弱点だと思うので今後の課題になった。


 日曜日 Short track のレースが夕方に行われた、参加人数はXCより少ないが、コースは1~2分で1周してしまうとても短いコースだ。
 このレースはトップのライダーに追い付かれる前に足切りとなるルール、完走も難しいと言えるレースだ、そしてそんなレースでスタート位置はかなり重要になってくる、でも、
前日と同じ最後尾スタートとなった。
 
 最後尾スタートでもやる事は同じ、躊躇していればすぐに足切りになる、前に、前にポジションを上げるしかない。 レースは時間通りにスタートした、相変わらずの渋滞だ、焦らない、焦れば無駄に足を使ってしまう、そして、少しでも抜けるパートがあれば尽かさず、バイクをねじ込む、このギリギリのせめぎ合いがたまらない!!
 少しずつ、確実に順位を上げていく、前には集団も見えてきた。ここからもう一つの大きな集団にジャンプアップするために、前にいるライダーをパスしスピードアップ、一気にスピードを上げすぎた、、、後ろのライダーに吸収される。
 一気に上げすぎたため、なかなかペースが戻らなかったが、なんとか戻ってきた体で再び前に進みだし、気づけばラスト1周!後ろから追い付かれることなくゴールをくぐった。

 徐々に順位を上げていき、そしてもっと前に出ていける、大きくジャンプアップ出来る力があれば順位は大きく違っていたと思う、スタート位置も前の方であれば順位も大きく違っていたと思う、順位だけで見れば32位だが、まだまだ行けると思う。



でも、最後尾からでも優勝できるだけの力をつけたい!!


スポンサーの皆様!応援してくれた皆様! ありがとうございました!!

次のSea Otter Classic もがんばります!!

Team SPECIALIZED 小野寺 健


プロフィール

onoderken

Author:onoderken
北海道出身ー京都在住
1986年1月9日生まれ

2003~2009年日本代表世界選手権出場

Specialized Japan 所属のMTB XC(クロスカントリー)選手 です。

愛するMTBで表現していきます!
誰よりも速く山の中を駆け抜けたい、そんな思いと、世界のトップライダーに憧れ、もった夢。
世界のトップライダーを目指しています!

応援よろしくお願いします☆

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。